流出した位置情報データに関するNYTの怖い報告書では、トランプ大統領を追跡するのは簡単だったと主張している

ニューヨーク・タイムズ紙は、スマートフォンから垂れ流される大量の位置情報によって、人々を追跡することがいかに簡単であるかという恐ろしい報告で、ここ数日インターネットを賑わせた。

これは目を見張るような、啓示的な記事で、リンクをクリックして開くとすぐに、ニューヨーク証券取引所の全員の位置を示す大量の緑の点が目に飛び込んできます。

技術系ブログなどでこの報告書の要約を目にすることが多いのだが、これを読むとスマートフォンの使い方が変わり、完全に怖気づくことになるだろうということだ。

あなたがトランプ大統領でない限り。

タイムズ紙は金曜日に、同紙が入手した、米国内の1200万人以上のスマートフォンから「500億回の位置情報取得」を含むデータセットについて、最初の報告の続報を掲載した。

記者たちは、シークレット・サービス係の携帯電話に着目し、それを使って大統領の動きを追跡し、その動きの軌跡をグラフィックで描き出したようである。

画像の出典はこちら。

“大統領一行の数メートル単位のきめ細かい動きは、シークレット・サービスのエージェントが所有していると思われるスマートフォンで記録されており、その自宅もデータから明確に特定できた “と報告書は記している。

“その家を公的な証書と結びつけると、その人の名前とその人の配偶者の名前が明らかになり、両家の詳細がさらに明らかになった “と報告しています。

つまり、私たちの誰もが、明らかにスパイの目から安全でないばかりか、そのようなことはない。

タイムズ紙は、「この脆弱性と規制の欠如を懸念する」匿名の内部告発者から受け取った膨大なデータセットのおかげで、大統領の居場所を監視することが比較的容易であったと説明している。

この件に関する大統領の怒りのツイートが、3…2…で始まる。

タイトルとURLをコピーしました