iPhone 12の巨大なリーク情報により、複数の次世代機能が判明

  • AppleのiPhone 12 Proモデルには、120HzのProMotionディスプレイが搭載されます。
  • iPhone 12 Proモデルは、改善されたリフレッシュレートと5Gをサポートするために、より大きなバッテリーを搭載すると伝えられています。
  • AppleのiPhone 12の全モデルには、大規模なカメラの改良が含まれる予定です。
  • その他のストーリーはBGRのホームページをご覧ください。
    .—

Appleが新しい技術を発表するときはいつも、iPhoneに搭載された後、iPadに移行するのが一般的です。

しかし、Appleの120Hz ProMotionディスプレイは、長い間、このルールの明らかな例外でした。

もともとはAppleのiPad Proモデルの機能として導入されましたが、EverythingApple Pro YouTubeチャンネルからの新しいビデオでは、この高度なディスプレイ技術が、今年後半のiPhone 12のリリースでついにiPhoneに搭載されることが明らかにされています。

AppleのiPhone 11に搭載されているディスプレイは60Hzのリフレッシュレートを誇っているため、アップデートされたiPhone 12のディスプレイでは、応答性の向上、より滑らかなスクロール、そして “より滑らかな動きのあるコンテンツ “が可能になるはずだとしています。

また、このリークでは、iPhone 12 Proモデルには、ユースケース環境に応じて60Hzと120Hzを交互に切り替えるダイナミック可変リフレッシュスイッチングが搭載されるとしています。

120HzのProMotionディスプレイは、6.1インチと6.7インチのiPhone 12 Proモデル専用となり、6.1インチと5.4インチの下位モデルは、現行のiPhoneに見られる60Hzのリフレッシュレートを維持すると思われます。

さらに、iPhone 12の全モデルが有機ELディスプレイを採用するとのことで、昨年のエントリーモデルであるiPhone 11が液晶ディスプレイを搭載して出荷されたことを考えると、注目すべき点でしょう。

また、リフレッシュレートの向上はもちろん、5Gチップセットの搭載に対応するため、iPhone 12 Proモデルのバッテリー容量が4,400mAhになることも動画から判明しています。

これに対し、iPhone 11 Proのバッテリーの容量は3,046mAhとなっています。

その他のiPhone12の特徴として、動画ではマックス・ワインバッハ氏の言葉を引用し、iPhone12のノッチが従来モデルよりも明らかに小さくなることを明かしています。

さらに、iPhone12のFace IDは、より広い使用角度が組み込まれ、さまざまな角度からデバイスのロックを解除することがより容易になるはずです。

特に興味深いのは、iPhone 12の低光量環境での鮮明で鮮やかな写真の撮影能力が、現在iPhone 11で利用可能なものよりも明らかに向上するという主張です。

iPhone 11の低光量撮影は信じられないほどのものであることを考えると、AppleがiPhone 12でどのようなカメラの改良をもたらすのか、確かに興味をそそられますね。

その他のカメラ機能としては、人の顔のホワイトバランスの改善や、背面のLiDARセンサーの搭載によるポートレートモードの写真の向上が報告されています。

また、iPhone 12の望遠レンズは、iPhone 11 Proの光学2倍ズームに対して、光学3倍ズームを誇るかもしれません。

また、iPhone 12には、ポートレートモードで動画を撮影する機能が搭載されるかもしれないという噂もあります。

また、これは大目に見ていただきたいのですが、EverythingApple Proは、AppleのiPhone12のネーミングは、6.7インチのiPhone12 Pro Max、6.1インチのiPhone12 Pro、6.1インチのiPhone12 Plus、エントリーモデルの5.4インチiPhone12から構成されると付け加えています。

サイズ的には、iPhone 12の発売に関する以前の報道では、次世代iPhone 12 Pro Maxは、iPhone 11 Pro Maxよりもわずかに高さと幅が広くなるとされていました。

また、前モデルと比較してベゼルが小さくなるとのことです。

その他、iPhone 12の豆知識として、以下のようなものがあります。

ミッドナイトグリーンに代わってネイビーブルーが採用され、iPhone 12にはスマートコネクタが搭載されない予定です。

これらのことから、iPhone 12のフラッグシップ機能は、5Gのサポートになると考えられます。

それがiPhoneの販売促進につながるかどうかは、特にコロナウイルスの大流行による経済的影響を考慮すると、まだわからない。

それに関連して、iPhone 12の発売スケジュールはまだ宙に浮いている。

iPhoneのリリースは通常9月に下るものの、コロナウイルスの影響で開発プロセスが一部遅れており、iPhone 12のリリースが10月か11月にずれ込む可能性を示す報道を目にしました。

タイトルとURLをコピーしました