Apple、100ドルの値下げと壊れないかもしれない新しいキーボードを搭載した新しいMacBook Airを発表

  • Appleは、MacBook Airを静かにアップデートし、世界で最も人気のあるラップトップシリーズの1つについて、いくつかの重要なアップグレードを発表しています。
  • 2020年のMacBook Airは、以前より100ドル安くなり、256GBバージョンで999ドルからとなっています。
  • その他、新しいMagic Keyboard(旧来のキーボードのように壊れないかもしれません)、第10世代Intel Coreプロセッサ、最大解像度6Kの外部ディスプレイをサポートするIntel Iris Plusグラフィックスなど、歓迎すべきアップグレードが含まれています。
  • その他の記事はBGRのホームページをご覧ください。
    .—

アップルはコロナウィルスの流行で3月のメディアイベントを中止したかもしれませんが、今週はいくつかの新製品を発表しました。

そう、2020年初頭のMacBook Airは前モデルより100ドル安く、256GB版で999ドルからです(教育機関向けは899ドルにしてください)。

それだけでなく、お気づきかもしれませんが、ベースストレージが256GBに倍増し、アップルファンにとっては嬉しいアップグレードとなりました。

999ドルのオプションは、第10世代の1.1GHzデュアルコアIntel Core i3プロセッサ(最大3.2GHzまでTurbo Boost)、Intel Iris Plusグラフィックス、8GB LPDDR4X RAM、Touch ID、2つのThunderbolts 3ポートを搭載しています。

1,299ドルの構成では、1.1GHzのCore i5プロセッサ(最大3.5GHzのTurbo Boost)と512GBのRAMが搭載されています。

Airは、プロセッサを最大1.2GHzのクアッドコアCore i7、Turbo Boostを最大3.8GHz、ストレージを従来の最大値の2倍となる最大2TBにカスタマイズすることが可能です。

画像の出典はこちら アップル株式会社

キーボードは、今年のAppleの新しいMacBookで誰もが期待していたアップグレードが施されています。

Appleが昨年16インチMacBook Proで発売したのと同じシザースイッチのMagic Keyboardで、Appleが前世代で使用していた問題のあるButterflyキーボードに取って代わるものです。

新しいキーボードは、1mmのキートラベルを実現し、矢印キーには逆「T」字型の配列が採用されています。

Appleによれば、新しいMacBook Airは先代の2倍のパフォーマンスを実現し、Airシリーズとしては初めて6Kディスプレイをサポートできるようになったとのことです。

新しいIntel Iris Plusグラフィックは、”最大80%高速なグラフィックパフォーマンスをサポートし、ゲームのプレイやビデオの編集などグラフィックを多用するアクティビティがこれまで以上に高速になる “はずです。

その他、新しいMacBook Airでは、ビデオ通話時にクリアな音声を取り込むための3マイクアレイや、”進化したステレオスピーカー “も注目されています。

MacBook Airは、ゴールド、シルバー、スペースグレイの3色のカラーバリエーションが引き続き用意されており、購入者にはApple TV +の1年間の無料トライアルが付属しています。

新しいAirはこのリンクから注文でき、2~4営業日以内に配送されます。

Apple Storeでの受け取りは、コロナウイルスの流行により、追って通知があるまですべてのApple Storeが閉店するため、オプションではありません。

タイトルとURLをコピーしました