Apple Watchが13歳の子供に、発見されていない深刻な心臓の状態を警告する

オクラホマ州のあるティーンエイジャーは、Apple Watchが、他の方法では発見されなかったかもしれない深刻な心臓病を知らせてくれたことを評価しています。

KFOR Newsに掲載された記事では、13歳のSkylar Joslin君が授業を受けている時に、彼のApple Watchに心拍数に関するアラートが表示されたことが紹介されています。

Joslin君はすぐに反応し、母親にメールを送りました。

“彼の心拍数が190だったというスクリーンショットと一緒にテキストメッセージが届きました “とJoslinくんのお母さんは言っています。

スカイラーからのフォローアップのメッセージには、そのとき彼がどんな種類の運動もしていなかったことから、何かがおかしいと思ったと書かれていました。

そこで、お母さんはスカイラーを学校まで迎えに行き、近くの救急病院まで連れて行きました。

その時、彼の心拍数は1分間に202回に達していた。

上室性頻拍(SVT)とは、心臓の電気的不整脈によって心拍数が異常に速くなる病気であることが判明した。

ちなみに、SVTは突然発生することがあるので、JoslinさんのApple Watchはすぐに異変を察知することができたということです。

SVTは通常、命にかかわるような症状ではありませんが、放置しておくと時間とともにどんどん悪化していくものです。

ジョスリンは最終的に、心臓アブレーションという治療法を受け、根本的な治療を行いました。

「もし私が彼のApple Watchを入手していなかったら、知ることができなかったと思います」とスカイラー君のお母さんは言います。

“つまり、どのくらい続いていたのか、どのくらい本当にかかったのか、不明なのです。

このケースでApple Watchがジョスリンちゃんの命を救ったわけではありませんが(繰り返しますが、SVTは一般的に命に関わるものではありません)、Apple Watchがまさにそれを可能にしたというエピソードは枚挙に暇がありません。

例えば、今年の初めには、ホルヘ・フレイレ・ジュニアというApple Watchの所有者が、Apple Watchが異常に高い心拍数を知らせた後、病院に行ったことを取り上げました。

フレイレ・ジュニアさんは最終的に、放置すると脳卒中や心不全を引き起こす可能性のある不整脈の一種であると診断されました。

このように、Apple Watchが文字通り命を救うデバイスであるため、保険会社が加入者にApple Watchの購入費用を補助しているのには理由があります。

タイトルとURLをコピーしました