第4四半期、アップルはあらゆるアンドロイドブランドを抑えて、世界の携帯電話ベンダーでトップになった

近年のスマートフォンの販売に関して、アップルは決して苦戦しているわけではありませんが、世界的なシェアではサムスンに後塵を拝しているのが現状です。

サムスンにリードを奪われただけでなく、ファーウェイもその後塵を拝していたため、今回の四半期決算は非常に大きな意味を持つことになりました。

調査会社Strategy Analyticsによると、2019年第4四半期、Appleは世界的なスマートフォンベンダーのトップの座を奪還した。

“アップルのiPhone出荷台数は、2018年第4四半期の全世界6590万台から、2019年第4四半期の7070万台へと年率7%増加しました “と、エグゼクティブディレクターのニール・モーストンは付け加えています。

“これは、Appleの2015年以来最高の成長パフォーマンスでした。

Appleの世界のスマートフォン市場シェアは、この1年で18%から19%に持ち上がっています。

Appleは、iPhone 11の安価な価格設定と、アジアと北米の健全な需要により、回復しています。

一方、Samsungのマーケットシェアは2018年第4四半期から2019年第4四半期まで18.4%で横ばい、Huaweiは同期間に16.1%から15%に落ち込んでいます。

両ベンダーは2019年の間、依然としてAppleを上回っていましたが、Appleの第4四半期の逆転劇は注目すべきものであり、2020年にAppleがSamsungとHuaweiに王座を争う可能性を示しています。

2019年の出荷台数は、Huaweiの2億4050万台、Samsungの2億9510万台に対し、1億9740万台と、まだまだ課題は多いが、2019年第4四半期に両ベンダーを倒したことは、大きな第一歩と言える。

もし同社の分析が正しく、iPhone 11の低価格がAppleの成功の最大の要因であるとすれば、2020年前半に噂されているiPhone SE 2(またはiPhone 9)の発売は、一般的なフラッグシップ機よりもはるかに安価になると予想されるため、Appleは競合他社をさらに追い抜くことができるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました