コロナウイルスの大流行で、ついにiPhoneのノッチが「死ぬ」のか?

  • iPhoneでマスクを使用しているとFace IDが機能しない、新型コロナウイルスの流行時にはフェイスマスクの使用が推奨されています。
  • Appleはすでに変更を加えています。
    iOS 13
    を使用することで、iPhoneユーザーがフェイスマスクを使用する際に、より速くパスワードを手動で入力できるようになります。
  • COVID-19病が予想以上に長期化した場合に備えて、Appleは将来のiPhoneにTouch IDを追加することを検討する可能性があるのでしょうか?
  • その他の記事はBGRのホームページをご覧ください。
    .—

新型コロナウイルスは、数ヶ月前には想像もつかなかった方法で、通常の生活を変えてしまいました。

このウイルスは非常に感染力が強く、誰をも殺す可能性を持っています。

そう、多くの人は無症状か軽度のCOVID-19を発症し、重症化し死に至る可能性があるのは、たいてい高齢者や他の持病のある人たちなのです。

しかし、例外もありますし、あなたのCOVID-19体験がどのようなものになるかを知るすべはありません。

だから、できるだけ長く屋内にとどまり、頻繁に手を洗い、よく使う面を定期的に掃除しなければならない。

外出するときは、マスクを着用する。

少なくとも医療用マスクが店頭に並ぶまでは、口と鼻を覆うものであれば何でもよいでしょう。

そして、必需品を買いに行くときや仕事に行くときは、毎回そうする必要があります。

マスクは、ウイルスを含む飛沫を吸い込むリスクを完全に低減することはできないバリアです。

100%効果があるものはないのです。

しかし、公共の場で感染するリスクは減らすことができます。

しかし、マスクを使うことで、iPhoneが手に入れた最高の機能の一つである3D顔認証システム「Face ID」が実質的に台無しになる。

また、一度これにハマってしまうと、ロックを解除するためにいちいちパスワードを入力し続けるのは非常に煩わしくなってしまいます。

そう考えると、今回のパンデミックがアップルのFace IDの計画に影響を与えるかどうかが気になって仕方がない。

COVID-19は今後も続くでしょうし、少なくとも感染を防ぐためのワクチンができるような最良のシナリオで、数年後に駆除されるだけでしょう。

つまり、私たちは今後しばらく、おそらく2022年までマスクを使い続けることになるのです。

そして、買い物や仕事中にマスクを使うのであれば、正しく使ったほうがいい。

マスクは鼻と口の両方を覆い、マスクの外面に触れないようにしなければなりません。

つまり、iPhoneのロック解除を含め、どんな目的でもマスクを外してあごに乗せてはいけないということです。

そんなことをするのなら、マスクはないほうがましです。

マスクをしていると、Face IDは機能せず、パスコードを入力する必要があります。

幸い、Appleは最新のiOS 13ベータ版でロック解除画面を変更し、以前よりも速くパスワードを入力できるようにしたことで、かなり楽になりました。

しかし、それでも外出時には大きな不便を強いられます。

画像の出典はこちら スティーブン・ラブキン/Shutterstock

私はiPhoneでいつもパスワードを使っていますし、端末を暗号化する画面保護も外すつもりはありません。

Touch IDによってロック解除がさらに簡単になり、そしてFace IDが登場しました。

以前、Face IDを体験した今、Touch IDには戻りたくない、と言いましたが、それは撤回しません。

しかし、フェイスマスクをつけることが、これからの新しい常識になるとしたら、どうなるでしょうか。

2017年にアップルがFace IDを発表したとき、それはこれまでで最も洗練された電話ロック解除の体験でした。

アップルの3D顔認証システムを再現したスマートフォンメーカーはほとんどないため、今でもそうです。

Face IDはTouch IDよりも安全で、慣れればさらに効果的です。

しかも、スクリーンロック解除だけでなく、Face IDは携帯電話にパスワードがかかっているものなら、実質的に何でもロックを解除してくれます。

使い方も設定も超簡単です。

フェイスマスクはそのすべてを台無しにします。

AppleのiPhone 12モデルは、すべてノッチを小さくする、と複数の報道がありました。

そして、来年のiPhoneもやはりFace IDに対応することになりそうです。

しかし、COVID-19の大流行によって、Appleが将来どこかの時点でTouch IDをiPhoneに戻さざるを得なくなるかどうか、興味深いところです。

Appleは、一部のAndroid携帯電話メーカーがすでにスマートフォンに導入しているのと同じ画面下指紋認証技術を研究していました。

光学式と超音波式の指紋センサーは、iPhone Xが発売されるずっと前に、Appleの特許に詳しく記載されていました。

実際、携帯電話の発売に先立つ数カ月の間に、私たちは皆、この端末に画面下センサーが搭載されると考えていました。

そして噂では、Appleは将来のiPhoneのために画面下の指紋センサーを検討しており、もしかしたら早ければiPhone 12に搭載されるかもしれないと言われています。

しかし、私たちは確証を得るには程遠い状態です。

そしてまた、Appleは、着用者がフェイスマスクを使用しているときにFace IDを動作させる方法を考え出すかもしれません。

しかし、それは今フェイスマスクをつけることを余儀なくされている、この特定のFace IDユーザーからの本当に希望的観測です。

タイトルとURLをコピーしました