コロナウイルスにより、中国でのiPhone販売台数が50%以上減少

  • コロナウイルスによる需要の低迷により、2月の中国におけるiPhoneの販売台数は激減。
  • アップルは販売減速を予想し、先月、四半期の収益見通しを調整しました。
  • コロナウイルスが広がり続けているため、iPhoneの需要や生産が通常のレベルに戻るかどうかはわかりません。
  • より多くの記事のためにBGRのホームページをご覧ください。
    .—

サウスチャイナ・モーニング・ポストの新しいレポートによると、アップルの中国での先月のiPhoneの売上は、コロナウイルスのために著しく減少していたそうです。

中国ではまだ多くの個人が可能な限り公共の場に出ることを避けていることも相まって、先月の中国でのiPhoneの販売台数は異常に少なくなっています。

具体的な数字として、Postは、先月の中国でのiPhoneの出荷台数は49万4000台であったと伝えています。

一方、前年同期の中国でのiPhoneの出荷台数は127万台でした。

これは50%以上の減少であり、当然のことながら、Appleの株価は今日の取引で5%近く下落している。

この件に関して、アナリストのDan Ives氏は次のように付け加えています。

これはiPhoneの販売台数やスマートフォン全体の販売台数が破滅的な数字であり、2月の1ヶ月間、中国のほとんどの地域でコロナウイルスが発生したため、店舗が閉鎖され、サプライチェーンに大きな圧力がかかったことを考えれば、驚くことではありません。

クックとアップルは先月3月のガイダンスを外した際、このような数字を予見しており、コロナウイルスによるこの6週間の中国でのダメージと、消費者需要への影響を全体的に語っている。

アイブ氏が指摘するように、アップルは2月中旬にコロナウイルスを理由に四半期ごとのガイダンスを引き下げたことを覚えているだろうか。

数週間前に出されたプレスリリースの中で、アップルはこう説明している。

2020年1月28日に発表した四半期ガイダンスは、その時点で入手可能な最善の情報と、2月10日の旧正月長期休暇終了後の職場復帰ペースに関する最善の予測を反映したものです。

全国的に仕事は再開されつつありますが、通常の状況への復帰は予想していたよりも遅くなっています。

その結果、主に2つの要因により、3月期に発表した収益見通しを達成できない見込みです。

コロナウイルスをめぐるパニックと恐怖は目に見えて明らかで、その勢いは少しも衰えそうにありません。

ウイルスは日を追うごとに新しい場所に広がっており、人々は手指消毒剤などの必需品を、おそらくY2K以来見たことがないほど買いだめしている。

タイトルとURLをコピーしました